キャッシングをして新装開店で勝負や!!

Posted by tuanuw8h4 on 2015年5月4日 in 金融情報分析 |

賭博が禁止されている日本で、
じゃあギャンブルが一切禁止なのかというとそうでもないんですよね。

私はギャンブルのことはあまり詳しくないのですが、
色々調べてみると結構あるんですよね。

有名なところでは競馬、競輪、競艇。
そして、身近なところではパチンコなんかがありますよね。
あとはロトや年末ジャンボなんかの宝くじなんかも一種のギャンブルですよね。

競馬なんかは有名人がテレビCMをやっていて、
実際競馬場に行くと家族連れなんかもいるらしくて、
ギャンブルというよりはアミューズメント的な要素の方が強いみたいです。

でも、競輪や競艇はおじさんがやっているというイメージがやっぱり強くて、
私がこの3つの中でやるとしたらやっぱり競馬になってしまうんでしょうね。

そして、ギャンブルが禁止されている日本で駅前や大通りで堂々と営業しているギャンブルの王がパチンコ店です。

3点商法と呼ばれるロジック?で法律の網を?い潜って営業している
日本の闇とも言われているものです。

昔に比べ利用者は減ったらしいですが、
今でも根強いパチンコファンが昼夜を問わず打ち続けていると言います。

パチンコは勝てない…と言われていますが、実は還元率はこれまで挙げたギャンブルの中で一番だそうです。

そう考えるとパチンコは勝てるのでは?
と思ったのですが、ただ闇雲に行っても負けるだけみたいです。

そこで考えたのが新装開店を狙うということ。
渋いパチンコ店も新装開店だけは出血大サービスをするそうです。

でもお金が無いのでキャッシングでもして勝負をしてみようと思います!
新装開店情報は地域によって違うと思うので個々で調べて欲しいのですが、
キャッシング情報は良いお金を借りるサイトを見付けたのでご紹介したいと思います!

結構低金利で借りれるものなんですね!
これならパチンコで勝ちさえすれば楽勝で返せますよね!

 

キャッシングの会社連絡による在籍確認が気になる方へ

Posted by tuanuw8h4 on 2015年3月25日 in 金融情報分析 |

お金はどこから借りるのがいいのか…
それ以前に、キャッシングの審査時に会社連絡の在籍確認があることがキャッシング利用の妨げになっている方も多いのではないでしょうか?確かに、実際にお金を借りようと思い会社にそんな電話が来ると思うとキャッシングを使うべきかどうか迷ってしまうのはよく理解出来ます。今回はそんな会社連絡による在籍確認のお話になります。

キャッシング会社の会社連絡による在籍確認というと、通常は個人名で電話をかけ、その会社に本当に所属しているかどうかを確認するだけなので、例え電話があった時に不在だったとしてもそれが確認が完了したことになります。…と言って、会社に連絡が来ること自体が嫌だという人は多いと思います。

これはキャッシング会社が大々的に告知していることではないのですが、キャッシング会社によっては書類の提出で在籍確認が出来るところもあります。書類というのは会社に所属していることを証明するものであれば何でも構いません。例えば、社員証などがあればそれでも大丈夫ですし、会社名が記載している源泉徴収票などもこれに当たると思います。そういうものをこちらから提出することで会社連絡による在籍確認をなしにすることが出来るんです。

但しこれは、全てのキャッシング会社が行ってるサービスではないので、お申し込み時に確認する必要があります。そこで、資料提出による在籍確認が可能であればそのキャッシング会社での利用を考えてみてはどうでしょうか?

あなたにとって在籍確認がネックになっているのであれば、そこをクリア出来るキャッシング会社のご利用をおすすめします。

審査が甘いキャッシングで借りてはいけない

Posted by tuanuw8h4 on 2014年12月23日 in 金融情報分析 |

インターネットなどでお金を借りようと色々と調べていると、審査が甘いキャッシング会社の情報が出てきたりしませんか?借りる人にとっては審査が甘いことに越したことはないのですが、果たして審査の甘いキャッシング会社を信用してしまって良いものなのでしょうか。

審査が甘いというと聞こえは良いですが、裏を返せば、キャッシング会社側はとにかくお金を貸し金利で儲けたいという肚が見て取ることが出来ます。そして、その金利も大手キャッシング会社に比べて高く設定されているものがほとんどだと思います。

そんな審査の甘いキャッシング会社からお金を借りてしまうと、後からとんでもないことになってしまう可能性があるので注意が必要かもしれません。最初の敷居が低いので借りる時は良いかもしれませんが、もしも返済などが出来なくなってしまった場合は執拗な取り立てだったり、会社への電話連絡を平気でしてきたり嫌がらせをしてくる可能性が高いということです。

審査が甘いと言えば、他には闇金が有名ですよね。
ものすごい金利を乗せて、ほぼ審査無しの身分証明だけでお金を貸す闇の金貸しです。そんなところからお金を借りたら半分人生が終わってしまったと思っても良いかもしれませんね。

やはりキャッシングは信頼のおける大手キャッシング会社から借りるべきだと思います。しっかりと審査を受けることで逆に健全なキャッシングライフを送ることが出来るはずです。

キャッシングを利用する上では審査というものは必要であるものと考え、審査が甘いという言葉に踊らされずに大手を利用するようにしましょう。

審査が甘いキャッシングで借りてはいけない…ということだけ覚えておいて下さい。

最近のキャッシング業界審査事情

Posted by tuanuw8h4 on 2014年12月15日 in 金融情報分析 |

キャッシングと言うと担保を取らず保証人も必要がないため、簡単にお金を借りられるというイメージがあります。
しかし、もし貸倒れになってもリスクがヘッジできるように業者が設定したキャッシングの利子は高めです。
年利15~18%ですからかなり高額と言えるでしょう。
業者にとっては借り手の信用だけに基づいてお金を貸す訳ですから利子は高めにしていますが、借りてもらいやすくするため、審査は比較的緩めとしています。
それでは、どのような条件でお金が借りられるのでしょうか。
具体的には、年齢が20歳以上で定期的な収入がある人が貸し出しの対象になっています。
定期的であれば内職でも構いませんしアルバイトやパートでも大丈夫です。
しかし、専業主婦のように旦那の収入しか入らない人は消費者金融はお金を貸しません。
また、他の業者と契約していて、既に年収の三分の一まで貸出枠を設定している人も審査に通らないでしょう。
消費者金融の総量規制という条件に引っ掛かるのです。
近年は銀行が個人向け融資を活発化させており、消費者金融の規制に抵触しないためこちらを利用する人が増えて来ています。
銀行は消費者金融を傘下におさめ、審査を消費者金融にアウトソーシングしています。
消費者金融の個人向け貸し出しノウハウに銀行の資金力が加わっているため、現在、銀行の融資はたいへんな活況です。
申し込んでからキャッシング用のカードを発行してくれるスピードも即日と以前に比べて格段に速くなっています。

カードローンは消費者金融系か銀行系かのどちらか

Posted by tuanuw8h4 on 2014年12月14日 in 金融情報分析 |

お金を借りるならどこで借りるのがいいか…をお話していく前に、まずは大前提として消費者金融系カードローンで借りるか銀行系カードローンで借りるかを選択しなくてはなりません。

実はカードローンには上記の2種類があり、消費者金融系と銀行系では金利などに差が出てきます。銀行系の方が金利はリーズナブルなのですが、その分審査が厳しくなっていることが特徴です。

この場合の審査というのは、年収、勤続年数、居住年数、持ち家か賃貸かなどが含まれます。当然のことですが、会社の勤続年数や住まいの居住年数は長ければ長い方が審査は通りやすくなります。

このあたりに自信のある方は是非銀行系のカードローンにお申込みをされてみて下さい。金利が安いので断然こちらの方がお得と言えるでしょう。逆に、転職されたばかりで勤続年数が浅かったり、賃貸物件で引っ越したばかりで居住年数が浅いという方は銀行系カードローンよりも消費者金融系カードローンの方がお勧めと言えます。

こちらなら、主婦や学生でも借りることの出来るところがほとんどですし、借入限度額は少なくなってしまう可能性は高いですが、よほどのことがない限りは審査に落ちてしまうということは無いと思います。

このように、カードローンにも種類がありますのでご自身のライフスタイルに合わせてお選び頂くのが良いと思います。また、落ちてもいいからまずは銀行系に申込んでみて、審査に落ちたら消費者金融系にしようとお考えの方もいるかもしれません。それも一つの方法ではありますが、審査に落ちるというのは決して良いことではありませんのであまり自信が無いのであれば銀行系カードローンへのお申込みは控えた方が良いでしょう。

ボーナスが無いならカードローンで乗り切ればいい

Posted by tuanuw8h4 on 2014年12月12日 in 金融情報分析 |

冬のこの時期になると、会社員の方はボーナスなどが出てホクホクの時を過ごしていることと思います。しかし、世の中の仕事をしている人全員がボーナスを貰える訳でなく、例えば正規の雇用ではなく、契約社員だったり派遣社員の方はボーナスが出なかったり、出ても雀の涙ほどだったりと様々です。

そんな契約社員や派遣社員の方でも、年末の行事には参加しなければなりませんし、それなりに付き合いで浪費をしてしまいますよね。入ってくるお金は普段とほとんど変わらないのに、出ていくお金が多いのがこの時期の難点だったりします。

連日の飲み会で仕事で稼いだお金が無くなってしまうという方も実は多いんです。契約社員や派遣社員の方でそういう人がいるのだとしたら、何のために仕事をしているか分かりませんよね…。とはいえ、それが社会でもあって、仕事を続けていく秘訣でもあったりするので避けては通れない道なのかもしれません。

そんな年末に経済的に困窮している方に是非利用して欲しいのがキャッシングです。確かに年末年始は出費がかさみますが、でもその時期を過ぎてしまえばまた落ち着きます。この時期だけお金が必要であればキャッシングなどして余裕を持ってこの時期を乗り切りたいですよね。お金の心配をして飲み会などの参加しても楽しくありませんからね。

カードローンのサービスの中には30日間無利息というものもあります。年末年始だけ考えるなら30日間もあれば十分だと思いますし、このサービスは是非利用したいと思いませんか?私の周りにも、この年末年始の時期だけ30日間無利息サービスを使っている人…結構います。

世の中好景気と言われていますが、まだまだ我々一般庶民には景気が回復したとは思えませんよね。いつかボーナスで本当に楽しい年末を迎えれるまで、何とかキャッシングで乗り切りましょう!

キャッシングのおすすめのサービス

Posted by tuanuw8h4 on 2014年12月7日 in 金融情報分析 |

いざキャッシングを利用しようと思っても、キャッシング会社はたくさんあります。どこのキャッシング会社で借りようと悩んでしまう方も多いと思います。そんな中、どういうものに着目して選べばいいか、おすすめのサービスをご紹介しようと思います。

キャッシングを利用する際にまず気になる点と言えば、やはり金利ではないでしょうか。前回の記事でもお伝えしましたが、金利が安いところがまず第一条件となると思います。

しかし、多くのキャッシング会社の場合、少額を借りる分には金利はほとんど同じと言っても良いと思います。理由は、大抵のキャッシング会社の金利上限が~18%となっているからです。

10万円や20万円の借入では、この18%という金利が適用されますので、少額の借入をお考えのようであればそこまで金利を考える必要はないかもしれません。しかし、前回の記事の通り、銀行系カードローンなのか、消費者金融系カードローンなのかは考える必要があると思います。もしも消費者金融系カードローンであればそこまで金利について考える必要はないでしょう。

それよりも、30日間無利息サービスなどを行っているカードローン会社を選ぶようにした方が断然お得と言えると思います。金額によって利息というのは変わってきてしまいますが、30日以内で返済出来る予定があるのであれば、この無利息サービスを利用しない手はありません。仮に30日間で返済出来なくとも、30日間分は利息が付かないのですから利用した方が得策と言えると思います。

他にも、カードローン会社によってサービスの内容は変わってきますので、自分に見合ったサービスはどれなのかを見極めて利用するのが良いと思います。

但し、大きな借入をする際は金利は非常に重要な項目となってくるので、その場合は金利もしっかり考えるようにしましょう。

どこでお金を借りるべきか

Posted by tuanuw8h4 on 2014年11月4日 in 金融情報分析 |

今の世の中、お金を借りると言ってもあまりにも選択肢が多く、実際に借りることになった場合にどこで借りればいいのか迷ってしまうことってあると思います。

そんな時、あなたは何を基準でどこから借りるのかを決めますか?

何を基準でどこから借りるか…実際に各カードローン会社や銀行の金利などを見てみても、あまりサービスの差は無いと感じるかもしれません。なので、目についたものならどれでもいいと思ってしまうかもしれませんね。

実は、消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンとでは大きく異なることを理解して下さい。

消費者金融系と銀行系、この両者の大きな違いとして金利があります。

例えば、消費者金融系のアコムと銀行系のバンクイックを例に見てみましょう。

金利は以下の通りとなります。

・アコム…4.7~18%
・バンクイック…4.6~14.6%

少額を借りる場合はそれほど変わりませんが、
多額を借りる際は全然金利が変わってきますね。

例えば事業資金に充てたりなど纏まったお金が必要な場合などは、
銀行系から融資を受ける方が圧倒的に得だということが分かると思います。

このように、金利ひとつを例に挙げただけでも、
同じキャッシングサービスでこれほど差が出てきます。

では、ほとんどの人が銀行系で借りるのではないかと思うかもしれませんが、
金利が低い分、それなりに審査も厳しくなります。

カードローンは担保を必要としないキャッシングサービスですから、
金利が低ければそれだけ審査も厳しくなってしまうという訳です。

当ブログでは、このようにお金を借りるならどこで借りるべきなのか、
様々な方の事象に合わせてお勧め出来るものを挙げていこうと思っています。

キャッシングを考えられている方は是非ご参考頂ければと思います。

Copyright © 2014-2016 お金借りるならどこがいいのか分析します All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.3, from BuyNowShop.com.